フリーズドライ8つのメリット|非常食の備蓄に欠かせない栄養補給に!

   
   
 
 

医療から宇宙食まで保存技術が進化したフリーズドライ

フリーズドライ製法とは、氷点以下の低温下で、原料中の水分を凍結状態のまま蒸発除去し、乾燥製品にする方法です。

救急医療の分野で、遠隔地の病院に輸血用の血液を運ぶため開発され、医薬品類を中心に発達しました。

インスタントコーヒーとして、1960年代に日本の食品分野で広がり、1970年代では即席麺からフリーズドライの商品は広まっています。

フリーズドライで身近で食べられてきたのは、ふりかけや味噌汁…離乳食やドッグフードなど、さまざまな食品が作られ、宇宙食の分野にまで広がっています。

生活の中で、私達は思った以上にフリーズドライとは距離が近く、非常食だけではなく、ひとり暮らしの食にも多く取り入れられるようになりました。

ひとり暮らしの方…特に高齢者の方にとって、お湯だけでできる食事は手軽なですね。

気になるのは“栄養面”です。

これからも進化するであろうフリーズドライ食品。

栄養面はどうなのか?

利点とは?

フリーズドライ食品は、災害対策の備えとして「非常食にむいている食品である8つの利点」についてまとめます。

非常食におすすめ「フリーズドライ」8つのメリット

軽い非常食は、ほぼフリーズドライでできています。

料理研究家の方々が、口をそろえて「おいしい」という味噌汁のCMがありますね。

本当においしいのでしょうか?

そして栄養が減ってしまうのではないか?

添加物は?

保存は?

とても気になるところだと思います。

8つのメリットとデメリットも紹介していきます。

フリーズドライは栄養成分の変化が少ない

非常食にむいている条件が揃っているのがフリーズドライ食品です。

フリーズドライは加工をするにあたり、過度に加熱をしないので栄養成分の損失が少ないとされています。

非常食として炭水化物が摂るとき、どうしても野菜不足が問題になってしまいます。

野菜不足が深刻になる非常時に、フリーズドライ食品は救世主になります。

摂取したいビタミン・ミネラル類・食物繊維は、フリーズドライ食品になった時、どのようになっているのでしょう。

フリーズドライの「ビタミン類」は?

生の野菜の「ビタミン類」は、料理する際に熱を加えると栄養が減る傾向で、光や酸素などでも影響を受けて変化しやすい栄養素です。

そして、料理をした際に、ビタミンB群やCは水溶性なので水に栄養素が溶け出し、ビタミンA、D、E、Kは脂溶性なので油に溶け出すため、出汁までいただくことがすすめられているのですが、フリーズドライの製造過程で、栄養素が失われることが少ないことが特徴です。

フリーズドライの「ミネラル類」は?

体に必要な「ミネラル類(カルシウム・カリウム・亜鉛・ナトリウム・マグネシウム・鉄など)」は、体内で作り出すことができません。

これらは代謝や神経系にかかわり、血液中のヘモグロビンを作り出して、骨や歯を形成維持するのに重要な栄養素です。

熱に強いミネラル類の性質から、フリーズドライを作る過程で、栄養素が壊れるすることはほぼありません。

フリーズドライの「食物繊維」は?

食物繊維は栄養素ではありませんが、野菜に多く含まれる不溶性食物繊維は、大腸の掃除をしてくれます。

避難生活などで多くの人が悩む便秘解消になりますし、糖尿病などの予防してくれます。

食物繊維は糖類のため、加熱に強いため、フリーズドライの野菜の食物繊維はほぼ残っているとされています。

軽くて持ち運びに便利なフリーズドライ

非常食は缶類が多く重いイメージですが、フリーズドライの非常食はとても軽いので非常食にむいています。

製造工程で、水分量が減るため、加工前と比べて1/10ぐらいの重さになるので、小型かつ軽量になっています。

その上、味噌汁なども1食分のコンパクトになっている商品が多く、持ち運びに便利です。

長期間の保存が可能なフリーズドライ

乾燥後は水分量が減り微生物が繁殖しにくくなるので、光を通さない小袋に入っているのもが多いので、酸化されることもなく長期保存が可能です。

保存性に優れています。
たとえば「あめ色玉ねぎのスープ」は製造から1年を「おいしくお召し上がりできる期間」と設定しています。

常温保存が可能なフリーズドライのメリットと注意点

高温多湿の所を避けることで、常温で保存できます。

熱を出すコンロや電子レンジの横などに収納すると、劣化していきますので、暗い場所に収納しておくことをおすすめします。

フリーズドライ加工で素材の旨味がそのまま残る

純粋に水分のみをとり乾燥させているので、乾燥野菜のような味の変化もありません。

水分を加えるだけで、ほとんどの野菜類がもとの状態に戻るとされています。

フリーズドライ食品は変色することなく素材の色が残る

野菜を乾燥させると、日光や熱によって変色します。

しかし、フリーズドライの場合、野菜の緑やなすの紫などの色素がそのまま食品に残るのも特徴です。

添加物を使用しないで製品ができる

フリーズドライは、食品に含まれる水分量がとても低いため、酵素と微生物の作用を抑制できることから、保存料などの不要な添加物を使わなくても、長期保存することができる食品です。

フリーズドライ食品はお湯をそそぐだけで復元

フリーズドライの大きなメリットは、お湯を注ぐだけですぐに食べられるということです。

製造工程で水分を氷にした状態で昇華させているので、食品の中の氷があった場所が空洞空間になります。

その空間にお湯が水分が入るため、瞬時に元の状態に戻るので、とても便利です。

フリーズドライのデメリットは?

よく見かけるフリーズドライ食品は、箱型になっているものが多いと思います。

その箱型の商品は、表面積があるので、空気と触れる面積があり、酸化しやすのです。

しかし、多くのフリーズドライの商品は、小分けされて銀色で遮光ができる袋に入っているので、包材がしっかりされていれば、酸化することなく長期保存ができます。

一回開封したものは、早めに食べるようにすることで、何の問題もなくなります。

フリーズドライ8つのメリットまとめ

フリーズドライの商品は、非常食でも様々な商品が販売されています。

味噌汁やラーメンなどは食べたことがある方が多いのではないでしょうか。

野菜単体でも販売れているので、防災食の食材のひとつとして考えると、普段の食事が作れます。

フリーズドライ-3つのメリット

  1. 栄養成分の変化が少ない
  2. 軽くて持ち運びに便利
  3. 長期間の保存が可能
  4. 常温保存が可能
  5. 素材の旨味がそのまま残る
  6. 変色することなく素材の色が残る
  7. 添加物を使用しないで製品ができる
  8. お湯(水分)を注ぐだけで食品を復元

医療から宇宙食へ広く利用されている技術ですが、フリーズドライはただの乾燥技術ではなくなっています。

今では、味や香り、色など、食品のもつ良さを一番損なわず、長期的に保存できるすぐれものとして私たちの生活に浸透しています。

持ち出し袋の中に味噌汁などの非常食として、検討したい食品です。
 


 

日常から非常食への代替栄養食
気になる記事をチェックしてね♪
  1. 食品の備蓄法「ローリングストック法」
    ローリングストック法(1)救援物資がない!日常備蓄の思考で非常食
    ローリングストック法(2)食料と日用品の注意点と2つのポイント
    ローリングストック法(3)備蓄品の分散収納方法!災害を想定し工夫

  2. 備蓄の栄養
    災害時「栄養不足にならない備蓄方法」簡単バランス非常食料30日分
    災害に備える30日分!栄養が偏らない効率の良いストック法とは

  3. 備蓄食品の利点
    防災食は何を何日分どう備蓄?日常食で30日備える5つのポイント
    【粉もの】災害時の救世主「粉もの」コーナー
    【乾物&フリーズドライ】災害時不足する食材を補える「乾物」のコーナー
    【缶詰】防災食&日常食で取り入れたい「缶詰」コーナー
    【レトルト】災害時の備蓄用非常食「レトルト食品」コーナー
    【乾麺】手軽で主食になる「乾麺」コーナー

  4. 自家製の乾燥物
    天日干し野菜はムダなく旨味が凝縮!災害時の野菜不足を乾燥野菜で補う調理方法
  5. ローリングストック法で備えておきたい便利な食材
    【主食になるもの】米や麺類だけはなく、主食の代替食コーナー
    【食材になるもの-魚・肉・たんぱく源】普段食べているものだけど、備えておきたい食材コーナー
    【食材になるもの-野菜・海藻類など】乾燥野菜をはじめ、用意しておくと便利な食材コーナー
    【味付けになるもの】災害時、便利な味付けになる食材などのコーナー
    【乳製品】災害時は乳製品が入手できなくなるので代替品を紹介コーナー
    【嗜好品】果物やお菓子など災害時に栄養に結びつくモノコーナー
    【調味料】備えておくことで便利で日持ちする調味料のコーナー
    【飲み物】災害時だからこそホッとできる1杯のドリンクを備えるコーナー

  6. 市販の非常食
    【非常用のご飯】備えて便利な包装米飯!非常食の5年間長期保存と数か月のパックご飯
    【非常用の水】水の賞味期限と備蓄「長期保存水とミネラルウォーター」どちらがいい?
    【非常食アレンジ】カンパンを備えるか?賞味期限切れ前に5つの料理方法で食べた
    【非常食定番】防災対策に非常食「氷砂糖」を備える理由と体に与える3つの利点
    【災害準備】コストコと100均で非常食用意!水だけでできるパスタ
    コンビニと100均のお菓子が外出先で災害時の備えに!バッグの中の非常食!心得サイト
    【非常主食・ごはんやレトルトカレー・味飯】安全で主食になる食料コーナー
    【非常食汁物】備えるのに必要「汁物」コーナー
    【非常食主菜】そのまま主菜として食べられる「主菜」コーナー
    【非常食副菜】体のバランスを整える「副菜」コーナー
    【非常食お菓子】大人から子供まで備えたい「お菓子」コーナー
    【非常用ドリンク】災害時だからこそ備えたい「飲み物」コーナー
    【非常食健康食品】災害時の栄養不足を補う備え「健康食品」コーナー

  7. 防災料理のアイデア
    災害時「警視庁おすすめ水漬けパスタ法」他の乾物でも代替!ローリングストック法アイテム

 
 



  1. 災害緊急時に便利「紙コップでお湯を沸かす」おすすめ固形燃…

  2. 長期避難防災グッズ【火鉢】暖を取るだけでなく貴重なお湯が…

  3. 役立つカセットコンロとボンベの注意事項「被災時だからやっ…

  4. 冬の防災-ライフラインがストップ「冷えた体を温める必要な…

  5. 冬の防災ライフラインがストップ「冷えた体を温める必要なモ…

  6. 冬の防災「体温低下時の健康ダメージ」回避するための「寒冷…

  7. 災害!ペット同行避難・同伴避難との違い・命を守りたい!ど…

  8. ペットの防災にも政治・行政・団体は関わっている!何をすれ…

  9. 台風!窓ガラスのガラス飛散防止|養生テープ・マスキングテ…

  10. 事前に予測できる「台風・風水害」命を守るための備えと計画…

  1. 2020.01.16

    災害緊急時に便利「紙コップでお湯を沸かす」おすすめ固形燃…

  2. 2020.01.13

    長期避難防災グッズ【火鉢】暖を取るだけでなく貴重なお湯が…

  3. 2020.01.12

    役立つカセットコンロとボンベの注意事項「被災時だからやっ…

  4. 2019.12.12

    冬の防災-ライフラインがストップ「冷えた体を温める必要な…

  5. 2019.12.10

    冬の防災ライフラインがストップ「冷えた体を温める必要なモ…

  6. 2019.12.08

    冬の防災「体温低下時の健康ダメージ」回避するための「寒冷…

  7. 2019.10.18

    災害!ペット同行避難・同伴避難との違い・命を守りたい!ど…

  8. 2019.10.17

    ペットの防災にも政治・行政・団体は関わっている!何をすれ…

  9. 2019.10.10

    台風!窓ガラスのガラス飛散防止|養生テープ・マスキングテ…

  10. 2019.10.08

    「台風・風水害」は事前に予測できる!最新情報を意識する

  1. 2019.06.01

    非常食缶詰アレンジ定食「やきとり」簡単主菜アレンジで栄養…

  2. 2019.05.25

    非常食材から作った定食:サバ水煮缶大根おろし添え・枝豆昆…

  3. 2019.05.21

    非常食のおすすめバランス定食!レトルト赤飯と野菜たっぷり…

  4. 2019.04.14

    非常食レトルト魚類主菜の手間なしお湯だけで作ったバランス…